高校に入学して授業が分からなくなりました。どうすればいいでしょうか?

Q.高校入学後の勉強について

私は、高校受験で都立高校が第一志望でしたが、不合格になってしまったため、滑り止めの私立高校に入学しました。入学後、さっそく数学の成績が下がりはじめ、ついには、得意だった日本史の成績も落ち始めてしまいました。この先、大学受験があるのでしっかりと準備をしておきたいのですが、いきなりこんな感じでとても不安です。どのように勉強を進めていったらよいでしょうか?

 

A.自分の弱点を見抜き、授業の復習はしっかりと行いましょう。

大学受験に、今からしっかりと目標を定めていてすばらしいと思います。目標を見失わないように頑張ってください。

ご質問の内容ですが、数学と日本史では成績が落ちている原因を別に考えた方がいいかもしれません。

両方に共通しているのは、授業後に復習をしっかりと行うことです。武田塾が授業を受けることと、成績が上がることが関係ないと言っている理由はここにあります。

授業を受けてもそのままにしておいたら、1週間もすれば内容を忘れてしまいます。また、授業でいった内容が分かったつもりになっていても、いざ自分で問題を解いてみると解けないといったことがよくあります。

ですから、授業があったらその当日か、最悪その週のうちには必ず復習をしてください。授業で行ったことを自分でやってみて、本当に理解できたか確認してください。

日本史は、これで大丈夫だと思います。日本史は単元が比較的独立しているので、その時代さえしっかりと復習すればテストではいい点が取れます。実際受験対策の特に、これらをまとめて流れをつかめば大丈夫です。

数学は、それだけだと難しいかもしれません。数学は積み重ねの教科ですので、前の単元を理解できていないと、その次が理解できないことがよくあります。数学で授業の内容がわからない場合、わかるところまでさかのぼって復習してみるといいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ