首都大に合格するために、苦手科目を克服できる勉強法とモチベーション維持の方法を知りたい。

Q.根本的な勉強ルートの確認

私の志望大学は首都大で、今年から本格的に受験生になり焦っています。

私が通っている学校は進研模試を受けるくらいの自称新学校です。

今回の相談内容はこれからの勉強法についてです。

自分の周りの友達がみな東進や河合塾などの予備校に通っていてとても焦り始めてきました。

自分の家は予備校に通う余裕がありませんので、受験サプリなどの映像授業を受けつつ、自分で参考書(vintage,黄チャート)などをやりながら平日4時間以上を目安に勉強しています。

ちなみに模試の偏差値は60前後です。

私は数学がとても苦手で、得意な日本史や国語などでなんとか点数カバーしているのですが、 最近国語が伸び悩み始め模試の偏差値も伸び悩み始めてしまいました。

そこで試しにZ会をとってみたのですが、なかなか難しく続くのか不安です。

今、自分は何を中心に勉強していけばよいかあまり良くわかっていません。

なのでモチベーションの上げ方やお勧めの勉強法を教えて頂けると嬉しいです。

A.最低3教科をバランス良く勉強しましょう。

まず、入試科目の中で最も時間がかかる英語と数学から始めるといいと思います。

しかし私大入試で英語、日本史、国語を検討しているならそれを先にやるべきです。

現時点では最低3教科をバランス良く順番にやっていき、夏までに一つ下のランクが合格できるレベルまで到達することを目標にしてください。

そうすれば夏の状態から逆算して、週レベルの目標が立つのでいつまでになにをやればいいかわかるようになります。

その時、間に合うものと間に合わないものをはっきりさせて、最優先事項の把握もしてください。

また、国語が伸び悩み始めているとのことなので、国語の復習をしつつ、苦手な数学を基礎から勉強して気分を変えてみてはいかがでしょうか?

同じ教科の勉強ばかりでは煮詰まってしまいがちなので、得意科目が伸び悩んでいる今だからこそ苦手教科に取り組む時期だと思います。

国語の復習と数学の基礎勉強を交互に行えば、飽きることもなく国語と数学の両方の成績を伸ばせます。

モチベーションについては、勉強すべきことを把握してそれを消化していく感覚を味わうことで、モチベーションを上げましょう。

また、大学に入学したらやりたいことなど、自分の理想の大学生活を考えることもモチベーションアップに繋がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ