早慶合格のために、数学の参考書の選び方と勉強法を教えてほしい。

Q.参考書はこの順番でいいですか?

受験勉強で数学を勉強していく上での参考書選びと勉強法についての質問です。

自分は早慶の理系の学部を目指しているのですが、今回は早慶理系学部に受かるための数学参考書の進め方の自分が考えているルートについての質問をさせて頂きます。

自分は「 ドラゴン桜ドリル」→「マセマ元気」→「マセマ合格」→「実力アップ」の順で数学の受験勉強を行っていこうと思っているのですが、このルートでは早慶理系レベルの数学は対応できませんか?

よく早慶を目指すにあたって「はじはじ」や「基礎問精巧」などが挙げられているのを目にしますが、 「マセマ元気」では「はじはじ」と「基礎問題精巧」の代わりになりませんか?

早慶など高いレベルを目指すほど参考書選びや参考書の進め方が重要になっていくと思っているので、是非早慶理系に合格するための数学の参考書のルートや進め方などのアドバイスをお願い致します。

A.網羅数・問題数が上のものを熟しましょう。

「マセマの頻出」と「ハイレベル」までやらないと早慶理系のレベルの受験問題を突破していくのは難しいと思われます。

「マセマ元気」は「はじはじ」と「基礎問題精巧」のレベルと一緒ですが、網羅数が違うため網羅数が上のものをこなした方が良いと思います。

受験を勝ち抜くためには、どれだけ多くの問題を解いたかが重要になってきます。

受験勉強期間にたくさんの問題に触れておけば、試験問題でも同じ解き方で解ける可能性があるからです。

また、「武田塾公式ブログ」も参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ